HOME > 新含浸技術 > 含浸革命 (加工例)

含浸革命

画期的な含浸加工の技術革新

ミタニライト加工は、アルミニウム内部にまで特殊合成樹脂をしみ込ませ、「下面浸透膜」と「上面成長膜」の2段構えの「複合膜」を形成します。
一般アルマイトに比べ「ミタニライト皮膜」は、下図のようにバリヤー根を厚くする事が出来、皮膜が剥離しません。また、処理した際に発生するピンホールは浅く少ない為、とても緻密になります。さらにバリヤー根側から電流を流す画期的な技術により、ピンホール内の汚れを除去する事に成功した事から、クラックの発生を防ぐ事が出来ました。

ミタニライト加工例

メタルコート(Ag)10nm
A1N30アルミ箔 自然発色
  メタルコート(Ge)10nm
A1N30アルミ箔 自然発色
 
タフコート 3μm 自然発色
A6061 ヒートシンク材
  メタルコート(Ag)3μm
A6061 ヒートシンク材
 
メタルコート(Ag)75μm
A6061板材 染色
  タフコート 5μm
A5052 ねじ 染色
 
メタルコート(Ag)10μm
A5052 アルミ球 自然発色