ミタニライトとは

アルミニウム浸透・含浸処理技術のミタ二ライトが更に進化!

ミタニライトは、全てのアルミニウム合金に形成可能な多機能、高機能、陽極酸化皮膜
ステンレスの2倍以上の耐磨耗性。銅と同等の熱伝導性。セラミックと同じ遠赤外線効果を実現。環境問題も「ISO」に準拠しています。
アルミニウム素材に新しいチカラを吹き込む表面内面加工技術。世界42カ国特許出願中です。

  • アルミニウム材料の組成を問わず全てのアルミニウム合金の表面に形成できます。
  • 高硬度で、耐熱性・耐摩耗性に優れ、摩擦係数を小さくします。
  • 熱伝導性は銅と同じで、熱放散性は銅の2.5倍を実現!!
  • 陽極酸化皮膜を100μm以上の厚膜を形成する事が可能です。

新着情報

■2013.6.1 本社移転いたしました。

 【新所在地・連絡先】

 東京都三鷹市下連雀3−18−8  TEL 0422-24-6561 FAX 0422-24-6562

シリコン樹脂とモリブデンを使用し、アルミニウム及びステンレスに陽極酸化皮膜を施す技術が東京都復興支援技術に認定されました。

現在、銀、金、プラチナ、銅、チタン、タングステン、マグネシウム、ロジューム、パラジューム、コバルト、ニッケル、ゲルマニウム、他11種類をアルミニウム合金に含浸させる事にも成功しました。

・ミタニライト皮膜を施したアルミ板の銃弾試験を行いました。

・最強アルミ合金メゾライトに140μmのミタニライト皮膜を達成!

・京都大学・東北大学・東洋アルミニウムなどの産学協同研究グループがこのほどメゾライトというアルミニウム合金を開発しました。

メゾライトとは、今まで実用化されてきた超々ジュラルミンの1.5倍以上の強度があり、比強度は鉄やチタン等を主成分とする他の合金に比べてもトップクラスという、アルミニウム合金としては最強の合金です。

この世界初・最強のアルミ合金メゾライトに、弊社は140μmのタフコート皮膜を生成することに成功。

メゾライトに「ミタニライト」皮膜を生成することにより、より優れた硬度や耐蝕性をもつ新製品、例えば、超強力ネジやボルトなど様々なものが多方面に開発されるでしょう。今後のミタニライト技術開発に、ぜひご期待して頂きたいと思います。

上のムービーコンテンツが表示されない場合はプラグイン(無料)をご利用下さい。フラッシュプラグイン